カテゴリー
営業日誌

渋谷まで

この介護タクシーで初めて、渋谷まで行きました。表参道を通りました。
東京多摩地方の病院関係だとあまり縁がないところですが、たまにあるんですよね、東京の中心街まで行くことも。

背の高いハイエースのからだと、時々通っていてみていた景色が違って見えました。

せっかく来たので、都会を楽しみたいんですけど、(幸せにも)別件があってとんぼ返りです。

カテゴリー
営業日誌

民間救急車になる準備

消防署の皆さんはお忙しいでしょうから(緊急事態のこともありますし)私たちが消防署に出向きました。もちろん、申請時にアポを取ってあります。

消防署で車自体と持ち物チェックを受けます。リストにあるものをその通りに消防隊員により写真撮影されていきます。思わず本業?カメラマンである私たちが現場を仕切ってしまおうか、と空想してしまいました。

2年に一度こうしてチェックが行われるようです。長年、民急としてやっている諸先輩方に聞きましたが、この大半の指定されているグッズを使わないといけない場に一度たりとも遭遇したことはないそうです。でも、揃えないといけないんです。使わないに越したことはありませんね。

ちなみに、今のところ私たちのベースである東京都清瀬市では民間救急車の登録が無い様です。ですから、私たちが晴れて第一号になる予定です!

カテゴリー
営業日誌

患者等搬送乗務員適任証

なんだか漢字がこんなに長く続くととても読みにくいし、覚えにくいです。しかも言いにくいので、人に説明する時にはうまく言える自信が全くないです。仮にKHJTとしても言いにくいですね。

患者等搬送乗務員適任証

2日間の講習です。一人10600円でした。二人揃って受講しました。

9月中旬、2日の休みを取って、皇居の間近の麹町消防署へ通いました。久々の電車です。普段は車でしか移動しないので、ドキドキです。しかもラッシュ時間です。

東京の外れのうちからだと1時間ちょっとです。8時半までに行くとなるとめちゃ早起きしないといけません。

その昔の数年間、神田まで毎日通っていたので、あまり抵抗はないはずなんですけど、30年近いブランクがあると、やっぱり西武線のあのラッシュ時の満員電車は辛いなあ、って気が重かったんです。

でもこのコロナ禍が原因なのでしょう、それほどラッシュを感じないで乗れました。

それでも、2日間とも早起きして、家から通うのが嫌だなあと思い、せっかくだから、ということで二人は意見が一致して都内に宿泊することにしました。

で、新宿でここぞとばかりに飲み屋をハシゴしました。

こういう講習は、こういうふうに楽しいこととセットにすると気分的に受講しやすくなりますね!(余計にお金はかかりますが)

あ、ちゃんと二人とも患者等搬送乗務員適任証を受講後にいただきましたよ。

カテゴリー
営業日誌

さあ、点検の時がきた。

3ヶ月点検をしてきました。

清瀬のトヨタのディーラーで。

業務用の車両は3ヶ月毎の点検と毎年車検があるのですね。

今まで乗っていた車の点検などは全て近くのガレージでやってもらってました。初めてディーラーを使いました。

さすが、トヨタのガレージ、しっかりと点検してくれました。(斎藤くん、ありがとう!)

車両の方はもちろん、問題は全くありませんでした。

おしどりシャトルのハイエース

ところで、果たして、この法律っていつ作ったんでしょうね。

車は格段に進化しているのに。3ヶ月で走るのはせいぜい3000キロです。この距離って一昔前の車なら、というのがありますが、なんとか6ヶ月毎にしてもらえないですかね。

営業に一生懸命なオートバックスでさえ、3ヶ月点検、という項目がないみたいですからね。

ああ、また3ヶ月後に来なくちゃいけません。

カテゴリー
営業日誌

開業して2ヶ月経ちました。

あっという間に2ヶ月が経ちました。

ある時は病院の狭い通路をストレッチャーを押しながら

いくつもの扉を抜けなくてはいけなかったり、

リクライニング車椅子の固定しづらいポジションのまま

乗せるためにちょっと苦労したり、

ご家庭の2階にあるベッドから痛がるおばあちゃんを

ベルカで搬送するのに、結局2人じゃ通れない、

しかも急で曲がっていて

その周りには物で溢れかえっている

階段を下ろさなくてはいけなかったり。。。

一つ一つの仕事がみんなそれぞれ違い、

頭と体をフルに稼働させて働いています。

医療従事者としては素人ではないと自負していますが

介護タクシー業としては

まだまだよちよち歩きを始めたヒヨコです。

「慣れてきた時が一番危ない」と良く言いますね。

なので常に初心を忘れず、自分の手技に驕ることなく、

医療・福祉に関する情報収集も怠らずにいきたいと思っております。

施設や病院からもお仕事をいただける様になりました。

清瀬市のみならず、東村山市、東久留米市、小平市、西東京市

などなど、今日も明日も明後日も東奔西走してまいります。

カテゴリー
営業日誌

最初の一歩

こうしてようやく始められた介護タクシー業。ワクワクです。

そして私たちの地元での介護タクシーの最大のグループ、Tamaケアネットワークにも加入させていただきまして、一気にたくさんの先輩の方々とお会いできました。会員の証のマグネットサインもいただきました。

皆様方、これから手取り足取り、ご指導をよろしくお願いいたします。

そして、完全開業の7月1日、初仕事が入った日から、あっという間に3週間という日々が過ぎました。行った先のほとんどは病院、施設で40箇所を超えました。

1日の件数はまだ1、2件ですが、もちろん慎重に運行しております。そして毎度たくさん学ぶこととお客様の笑顔を見られる喜びがあります。

いつまでも初心を忘れずにいたいと思います。

カテゴリー
営業日誌

開店間近!

いやあ、長かったです、ここまで。

oshidori_hiace

昨年の夏、介護タクシーを開業しようと決心して、行政書士さんや車屋さんや、業界の方々と相談をいろいろとして、それからオフィスを決めて、車を購入して、それからまだなんだかんだあって、ようやく、です。

oshidori hiace

考えて考えて考えて、申請して、待ち、変更して、待ち、買って、待ち、そしてようやく全てのものが形になりつつありますが、まだこのウェブサイトも含めて、完成までは程遠い感じがあります。

それでも、6月頭、最後に車のメーターを取り付けることによって営業はできることになります!

oshidori hiace3

そして我が社の車、ハイエースですが、今回お世話になったのはシンエツ 福祉車両専門店です。店長の山本さんには手取り足取り丁寧に教えてもらいました。ありがとうございました。

これから二人、力を合わせて頑張ります!