カテゴリー
未分類

万が一に備えて

いつ、何が起きるか、わからない。

できれば使うシチュエーションが来ないでほしい。

これは保険とかと同じ類の悩みですが、もし、本当に、万が一にでもそれが必要になった時、「無い」、と取り返しのつかない後悔をしないために、AEDを導入しました。

命はたった一つです。生きていればやり直すことができますが、こればかりはやり直しができません。

さて、

先進国と言われていて、しかも世界第3位の経済大国であるこの日本ですが、AEDはまだまだ、残念ながら、そこら中で簡単に見つかるというものでもありません。

病院にはあるとしても、夜は閉まっている小学校とか幼稚園、役所や銀行、などではないでしょうか?

心肺停止から10分経過すると救命は難しい、と言われています。3〜5分以内にAEDを使えれば、70%近く助かるらしいです。

参考文献はこちら

あなたのお宅から一番近いAEDはどこにあるのかご存知ですか?

是非、探してみてください。

カテゴリー
営業日誌 引っ越し 車両・機材

遠い、とおいところへ

長距離の車椅子の移動って、できるんです。

今回は東京の武蔵野市から三重県の伊勢までざっと500km

朝の出発は10時頃、今までしばらくいた施設から息子さんのお引っ越し先の伊勢にある施設まで移動します。志摩は私たちが昨年プライベートで訪れていて、とってもものすごく気に入ったところです。

今回のお客様は長距離で、お付き添いのご家族も同乗されない上、ちょっと心配な体調の為、Mamiがずっと横の席で見守りです。

東京では桜が咲き誇る中、ちょっと小雨混じりの出発になりました。車中の音楽は、「なんでもいい」っておっしゃっていらっしゃいましたが、車内にはBluetoothのスピーカーでAmazonから演歌を流しました。それは、なんとなく私たちも楽しみました。

長距離なので、リクライニングタイプの車椅子のご使用です。やっぱりこれは必需品。幾度となくすやすやと眠っていらっしゃいました。

約2時間位ずつ、休憩を入れながら東名高速を走ります。
初めは足柄SAです。先日の悪天候で富士山が真っ白で綺麗でしたので、記念撮影してさしあげました。

雪の富士山と
足柄SAで真っ白な富士山と

ランチは浜松SAです。
食欲旺盛なお客様で、ご用意されていたゼリーだけでは満足できないと、パン屋にあったサンドイッチを頬張っておりました。

でも、はっきり言ってサービスエリアの食事ってあんまり楽しくないですよね。どうしてあんなに質が良く無くて高いものしか提供できないのでしょうか。浜松は特にそれが目立つSAだと感じました。Mizは全店をしっかりとチェックした後、渋々、カツ丼に決定。Mamiはしらすうどんにしました。どちらもがっかりでした。ひょっとしたらお客様のサンドイッチが一番美味しかったのかもしれません。

日本はいつまでたったも変わりませんね。利権ばかりの社会です。ついでに言うと高速のガソリンもメチャ高いですよね。

高速の文句ついでに言うと、まず、高速代が高い。
そして福祉タクシー的にものを言わせていただくと、駐車スペースのデザインがまるっきり考えられてない。こんなデザインをした人はクビです。何も考えてないデザインです。

安濃サービスエリアの障害者用駐車エリア

上の写真を見てください、車椅子を出すには車道に出なくちゃいけないのです。とても危険です。
これは、車を反対向きに停められればいいのです、が、なんと、車幅の真ん中にポールがあって後ろ向きに止めてしまうとハッチが開けられないと言う、なんともアホな作りなのです。実車を入れて実践しながらやればこんなアホデザインにはならないでしょうけど、机上の計算でやるからこう言うことになるんです。

ワゴンタイプの福祉車両はリアハッチが開くのです。リフトやスロープが車の半分くらい出てきて、プラス車椅子が下りられるスペースが必要なので、最低でも2mちょっとは必要なんです。

この真ん中ポール、この位置に全く必要ないと思いませんか?
ご丁寧に、どこの障害者用パーキングには必ずあります。
今すぐ撤去をして欲しいですね。
ポールの代わりにちょっとのスペースで壁が迫っているところもありました。(浜松SA)
あと1m伸ばしてくれれば後ろ向きに停められるのに。

浜松SA – 壁が近すぎるので後ろ向きに停められない。車輪止めがなければ停められるけど。

文句が多すぎたので、良い面も。
メインの多目的トイレはとても良いです。清掃係の方々が常に綺麗にしてくれているのも嬉しいですね。ここだけ、良い点です。

自動ドアでもっと広い間口だと尚、良し。

と言うのは、多目的トイレでも狭いところがあるんです。そこでは大変な思いをして介助しなくてはなりません。今回のようなリクライニングタイプは確かに長く場所を取ります。でも、パーキングが悪い例と同じように、本来は多種多様であるべきものなのに、そのほとんどが限定なのです。これではあっても使えない、と言う状態が生まれてしまうかもしれません。残念で仕方ありませんね。限定付き多目的トイレなのです。

さてさて、そんなことを頭に巡らせながら旅は続きます。

福祉車両のハイエースはバンがベースですので、はっきり言うと乗り心地はそんなに良く無く、ずっとユラユラしてます。

そして、名古屋の南、伊勢湾あたりの橋がたくさんあるところでは物凄い横風が突発的に吹いて、ハイエースが右往左往するのを必死でコントロールしてました。ハンドルにあそびが大きいので割と大変なんです。四駆なら随分といいんでしょうけどね。

あと一息です。と言うことで記念撮影。こちらも桜が咲いています。

深い眠りの後、4時半頃、ようやく目的地の施設に着くと、私たちよりずっと後に同じく車でご出発されたはずの息子さんが、お家へ寄って奥様も連れてお迎えをしてくれました。

後日談ですが、それまで奥様は所沢にいらっしゃったとか。私たちも家は所沢ですので、これまたびっくり。その時いただいたものがあったのですが、それがなんと「所沢の漬物」でした。知らない銘柄でしたが、ご馳走様でした。

これからはこんなに良い景色のところに住まわれるのですね!

新天地での生活、お幸せに。

到着直後の施設からの眺めです。良いですね。
カテゴリー
お出かけ 営業日誌

神様に会いに行く。

介護タクシーが渋谷区の代々木八幡宮に行きました。
当日はしとしと雨でしたが、いい時間を過ごされてきました。

車椅子なら、神社にもお寺にも行けますよね。

カテゴリー
ヒント

迎車料金って?

介護タクシーの料金システムの中に「迎車料金」があります。
それはまず間違いなくほとんどの近辺を走る介護タクシーは採用している料金制度です。

しかし、それぞれの会社でその内容は異なっています。その説明をここでちょっとさせていただきます。

例えば、ご利用者さんのお家から病院まで行きたいと介護タクシー会社を検索したとします。

すると、おそらくはご自宅に近くの会社に連絡をすると思いますが、実は、『近くにある会社』=『料金を抑えられる』ということではない場合があります。

と言いますのは、ここにこの迎車料金のシステムというのが絡んでくるのです。

うちの迎車料金は780円です。そして、その距離の設定はありません。基本的には、どこへでも780円で呼ばれたところへ行きます。おそらくこの辺を走るほとんどの介護タクシー会社も同様な感じです。

うちの事務所は東京都清瀬市にありますが、例えば東村山市や東久留米市、小平市や西東京市の方々のおうちまでも同じ780円でお迎えに上がります。もちろんもっと遠方の23区の方々も同額ですし、逆に清瀬の近場でも一緒です。

どこへでも一律なんです!

例え森の中へだってお迎えに参ります!

確かに事務所は清瀬にありますが、一日中出っぱなしでその日その時で居場所が違います。ですので、お呼ばれすると、「その時」いる場所から「近い」のか「遠い」のかということになります。

ということは、お家からタクシーの事務所が近いから、という理由でその会社を選ぶ、という必要性はないのです。

(うちからお近くのご利用者さんは確かにめちゃめちゃ多いですけども。。。ありがとうございます!!)

緑のスポットが良く行くところでハートマークはお気に入りのお店とか。

私たちのメインの行動範囲は北は所沢、南は中央線の線路、東は練馬区で西が武蔵村山市あたりですね。

病院で言うと北は複十字病院、多摩北部医療センター、南は公立昭和病院、佐々総合病院、東は光が丘病院、堀之内病院、西は白十字病院、新山手病院などなど。

新青梅街道と新小金井街道などは今まで何往復しているのでしょうか。(ちなみに西武線の踏切は大嫌いですね。)

ということですが、

介護タクシーにとって、メインの仕事は「介助」だと私たちは思っています。
介助は文字通り、人と人の「触れ合い」です。私たちはここに重きを置いております。

みなさん、どうぞ、お気に入りの介護タクシーを見つけてくださいね。

皆様からのご連絡をお待ちしております。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー
仲間 撮影

介護タクシー仲間が増えました。

先日、一通のメールでコンタクトがありました。


なんでも、埼玉県で介護タクシーを開業する、というお話で、
ついてはプロモーション用に写真を撮って欲しい、
ということでした。

とっても嬉しいお話で、二つ返事で了解いたしました。
介護タクシーの業務内容を吟味しているので、撮影にはものすごく自信があります!

数回のメールのやり取りで撮影の段取りを決め、いざ、撮影日になりました。

場所は近くの公園です。暑い午後に撮影となりました。

頼れる笑顔のお二人
ピッカピカの機材!
撮影風景

お二人は終始笑顔で、まるでプロのモデルの様でした。
新事業ということで、ワクワク感が隠せませんね。

「ケアタクシーさくら」は11月中旬に埼玉県富士見市を拠点に営業開始です。私たちと同じく二人組で行動されるそうです。


お二人のご活躍を心よりお祈りしております。
そして、私たちの良き同業者として長いお付き合いを
どうぞよろしくお願いいたします!

カテゴリー
営業日誌

お葬式のご出席に介護タクシー

石神井にある宝亀閣斎場

明日のお葬式にどうしてもご出席なされたい方がいらっしゃるとのこと、週末にケアマネージャーさんからお電話をいただきました。

そのご入院されていたご高齢のお客様(99歳!)はお葬式の日程に合わせて前日に退院されたそうです。

もちろん快くお引き受けいたしました。

ところが、その当日のご出発の1時間ほど前にお電話があり、車椅子のご本人様に付き添う予定でいらっしゃったご家族の方の体調不良のためキャンセルしたいとの内容でした。

「代わりに私たちが(車椅子の方に)お付き添いすることができますよ」、と進言すると「それなら」とご出発の決断をしていただけました。

最初はお葬式の式典だけでも、と参加するつもりでお出かけになられていらっしゃったご様子ですが、その後の火葬場、それからお食事会にまでご出席されました。

高円寺にある堀之内斎場

半日以上も外出されて、とてもお疲れになられたと思いますが、大切な方のお葬式にご出席出来たこと、とても喜んでおられました。

カテゴリー
ヒント

初めての介護タクシー

介護タクシーってどうやって使うのですか?

介護タクシーってどういうシステムなのですか?

いくらかかりますか?

こんなご質問をお電話でいただくことがあります。
そこで、ここで例を持って順を追って説明いたします。

例えば : ご自宅から病院へ通院で往復の場合


介護タクシーは介助が必要な方なら誰でもご利用いただけます。

*弊社は介護保険の対象ではありませんので降車後にお代金をお支払いいただきます。


まずはご予約を

まずはお電話でご予約をしていただきます。
お名前、日時、行き先、目的地、用途、必要機材、などなどを教えていただきます。

特にご利用者様のご容態について、おうちの構造についてなどをお聞かせください。

こちら側から提案もさせていただきますので、どうぞお気軽にご連絡ください。

そして当日

車庫出発と同時に*予約料金400円と迎車料金780円が発生します。

お迎え先がたとえ何キロ先であってもこの一律料金です。

*予約料金 400円
迎車料金 780円 → これについての説明はコチラ

ご自宅到着 

玄関先でお出迎え+移動開始と同時にメーターがオンになります。

基本介助料 1000円

初乗り料金 780円(2キロまではこの金額です)

このように玄関先でお出迎えできる方は基本介助料金のみの介助料です。

でも、、、

(ご利用者さんが)寝たきりで車椅子までの移動が難しいのですが。

これ以上の介助が必要な場合は、おうちの中へお邪魔いたします。

室内介助料 1000円

ベッドに車椅子等を横付けできなくて、補助があっても車椅子まで歩くのが難しい場合はタンカで車椅子等へ移乗いたします。

これらに伴う料金は必要に応じて発生いたします。

スロープ使用 1000円
タンカ使用料 1000円
二人介助料 4000円
階段の上下 1000円/1階毎

*介助時の出入りに困難を伴うなど、追加料金が発生する場合があります。

機材は、

標準車椅子 無料、
リクライニング車椅子 2000円、
ストレッチャー  4000円、

ご予約時にどの機材にするかご相談ください。
ご容体により選択が変わります。 

目的地到着 ー 下車

病院の車椅子へ乗り換えしていただきます。

場合により、機材のレンタルをご提供ができます。(2000円より)

機材がタクシーに戻された時点でメーターがオフとなり、それから精算いたします。

精算

料金=メーター料金+介助料金+機材+その他

となります。

*夜間、日、祝日などは特別料金が加算されます。

お支払い方法は、
現金、クレジットカード、PayPay、LINEPay をご利用になれます。


更に、、、

往復でご予約される方は

帰りのお時間が決まっている場合、お時間をお伝えください。

帰りのお時間が決まっていない場合、出発ができる15分ほど前にご連絡ください。(別件が発生している場合は更にお待たせする可能性があります。)

今、会計を待っているので、そろそろ帰れそうです。

了解しました。
15分くらいで到着できると思います。

ご用が済んですぐに帰りたい場合は、私たちはメーター待機料金でお待ちすることができます。(95秒ごとに90円の計算です。)


更に更に、

院内付き添いをご要望の場合

お付き添いの方がいらっしゃらない、不安があるなどの場合、私たちがお付き添いできます。

その日はどうしても(ご利用者さんに)付き添えないのですが、、、

お任せください。
病院内も私たちがずっとお供いたします。

院内付き添い料 2800円/30分毎

(この間のメーターによる料金は発生しません)


ご予約の前のご質問等、どうぞお気軽にいつでもご連絡ください。お待ちしております。

*2021年8月16日に追記

カテゴリー
営業日誌

車内コロナワクチン摂取

先日、ご利用者さんのコロナワクチン摂取のために出動しました。

ご利用者さんがお住まいのマンションはエレベーターはあるけども、マンションの玄関先からの長い階段がありました。なので、タンカを利用しての往復でした。

出かけた先は町の結構小さめのクリニック。玄関先に段差がありスリッパに履き替えなくてはなりません。

というわけで、看護師さんより、車内で接種いたします、とのこと。

しばらくすると先生と看護師さんが車の中に入ってきて、あっという間に終えました。

うちにとっては初めての車内接種となりました。

これは便利ですね。ご利用者さんにとっても体力を保存できます。接種後は待機時間も涼しい車内で過ごしていただけました。

カテゴリー
車両・機材

白さを保つには。。。

介護タクシーとはいえ、タクシーの端くれ、お客様のためにはクリーンな車でお迎えしなくてはいけません。

一般のタクシーってめちゃめちゃピカピカですものね。大半は黒いタクシーですよね。そして介護タクシーは大半が白。ピカピカに保つためには一体どちらが大変なのでしょうか?

まず、大きいんですよ、ハイエースって。

体積だけでその大変さは勝ちでしょう。中が広いってことは外側も大きいってことなんですよね。

うちのは長くも幅広でもないのですが、ハイルーフなので、背丈が2.23mもあるらしいです。

私は背が高くない方なので、全く届きませんが、1.8mの脚立を使ってやっと天井の真ん中まで片手が届くのですが、磨くのとても大変なんです。(まあ、脚立なしで届く人、いないと思いますけど)

フロントガラスと平らなルーフの間の場所、一番届きにくいところなんですよ。掴むところもないので体が不安定になって。

冬でも汗だくになるくらいなのに、夏場はたまりません。もちろん、太陽が直接当たらない時間になるまでやりませんが。

普段、運転ばかりで体を動かすことがないので、ちょっとは運動になりますかね。

頑張ります。

あ、ワックス、買ってこなくては。

カテゴリー
営業日誌

おかげさまで1周年

初めての営業から1年が経ちました。

それにしても開業するまでの準備期間が長かった。

この分野に飛び込もうと決めたのが一昨年の夏の後、Mizの母親を亡くしてからの事。それからなんとなく業界のイメージを掴みつつ、リサーチしつつ出始めて、ほぼ1年後の営業開始となりました。

右も左も分からずにあたふたと始めましたが、諸先輩のお力添えとたくさんのアドバイスをいただき、よちよちと歩き始めた私たちでした。

そして気が付けば今まで数百件の案件をいただき、いろんな人たちとの出会いがありました。嬉しいものから悲しいものまで。

これが、介護タクシーという商売なのだな、と実感しております。

これからもどうぞよろしくお願い致します。